アミノ酸ダイエットのサプリに効果がない理由

アミノ酸のダイエットサプリには痩せる効果があるのでしょうか。先に答えを言ってしまえば、アミノ酸のダイエットサプリを飲んでも脂肪は1gも燃焼しません。

アミノ酸ダイエットそれ自体に効果が全くないので、サプリでアミノ酸を補っても全く痩せないわけです。

アミノ酸ダイエットの効果について詳しく解説します。

アミノ酸ダイエットとは?

アミノ酸ダイエットとは、脂肪燃焼成分として有名なアミノ酸を摂取することで、体脂肪を燃焼させるダイエット方法です。

要は、アミノ酸ダイエットはアミノ酸を飲むだけで痩せるお手軽なダイエット方法です。

アミノ酸ダイエットを行うためのアミノ酸サプリ、アミノ酸飲料などが多数販売されています。脂肪燃焼系成分の力に頼ったダイエット方法ですね。

アミノ酸ダイエットに関しては、VAAMという成分が非常に有名です。

VAAMとはスズメバチの幼虫が吐き出す成分で、そのVAAMをスズメバチの成虫が飲むことで、1日100キロも飛ぶことができると言われています。

VAAMは17種類のアミノ酸が集合した成分であり、生体を構成する20種類のアミノ酸のうちの、3種類を欠いた17種類の集合体です。

肉のたんぱく質から、3種類のアミノ酸がないものがVAAMというわけです。(小声で言えば)肉を食べればVAAMを構成するアミノ酸は全て補えるわけですが…。

まあ、とにかく、VAAMは脂肪燃焼系のアミノ酸として非常に有名なわけです。

運動前にVAAMを飲むことで、脂肪燃焼効果が上がると言われています。ただ運動をするより、VAAMを飲んでから運動をした方がたくさんの脂肪が燃焼するわけですね。

これが、アミノ酸ダイエットです。

しかし、アミノ酸ダイエットの効果が嘘であったとすれば、アミノ酸を飲んでも全く意味がないことになります。

アミノ酸ダイエットのサプリを飲む意味はあるか?

もしアミノ酸ダイエットに効果がなければ、アミノ酸サプリを飲んでも脂肪は全く燃焼しません。アミノ酸ダイエットのサプリを飲む意味が失われてしまいます。

実際のところ、アミノ酸ダイエットのサプリには効果があるのでしょうか?

真実を言えば、アミノ酸ダイエットには全く効果がありません。そのため、アミノ酸ダイエットのサプリを飲んでも何の効果もないのです。

なぜアミノダイエットに効果がないのかと言うと、アミノ酸の脂肪燃焼効果が嘘だからです。

アミノ酸ダイエットはテレビが作り出したブームです。また、テレビのダイエット番組の内容は、ほぼ全てが嘘と言っても過言ではありません。

納豆ダイエットがねつ造された内容だったのは、まだ記憶に新しいと思います。(ビフォアアフター写真をねつ造、教授コメントで字幕内容をねつ造など。)

テレビのダイエット番組は娯楽の一種として成り立っており、視聴率さえ取れれば(スポンサーさえ付けば)嘘を放映してもよいと考えられています。

そのテレビの嘘に乗っかって商品を販売するのが営利企業であり、アミノ酸ダイエットのサプリも、そういう経緯から販売されている商品です。

だけど消費者にとっては、アミノ酸サプリを飲む場合と飲まない場合の、わずかな効果の違い(体脂肪や体重の減り方)など体感できません。

消費者の無知に付け込んで、いまだにアミノ酸サプリは売れ続けています。

アミノ酸サプリはダイエット効果ゼロなので、飲む意味は全くないです。

アミノ酸ダイエットに効果がない理由

アミノ酸ダイエットになぜ効果がないのかと言えば、最大の理由は、先ほど書いたように「アミノ酸の脂肪燃焼効果が嘘」だからです。

まず、体の脂肪が燃焼するしくみをおさらいしておきましょう。

体脂肪が燃焼するのは、体を動かすエネルギーとして体脂肪を消費した時です。それ以外に体脂肪が燃焼することは絶対にありません。

そして、体脂肪を消費するのは体を動かした時(運動をした時、日常生活で体を動かした時)、または基礎代謝(生命維持のための臓器活動)でエネルギー消費する時です。

あなたもご存じの通り、運動をした時にエネルギー消費するのは、体の筋肉を動かすからです。体の筋肉を動かす時には、体脂肪というエネルギーが必要だからです。

そして、運動した時に消費カロリーがいくら(何kcal)になるのかは、物理の法則が適用されます。

例えば、ジョギングで消費するカロリーは「体重×距離」です。

体重50キロの人がジョギングで5キロ走った場合の消費カロリーが191.7kcalなら、10キロ走る場合の消費カロリーはちょうど2倍(383.4kcal)です。

これは、アミノ酸を飲んでジョギングをした場合も、アミノ酸を飲まずにジョギングした場合も変わりません。

要は、普段5キロ走っている人が、アミノ酸を飲んだ後にも同じ5キロしか走らなければ、消費カロリーは全く同じなのです。

これが、アミノ酸のダイエット効果がゼロである理由です。

でも、もしアミノ酸を飲むことで運動効率が上がり、走る距離が10%増えたなら、消費カロリーも10%増えることになります。

ジョギングの消費カロリーは「体重×距離」なので、距離が増えれば消費カロリーも増えるのは当然の話ですね。

ところで、アミノ酸は体の筋肉を構成する成分です。筋トレ後にアミノ酸を補給する人もいますが、それは、筋肉を発達させるためにアミノ酸を飲むわけです。

ということは、アミノ酸を飲むことで体の筋肉量が増え、それが運動パフォーマンスのアップに結び付けば消費カロリーも増えることになります。

この観点から言えば、アミノ酸にはダイエット効果があることになります。

アミノ酸サプリはダイエット効果なし

でも、アミノ酸サプリにダイエット効果を期待できない明確な理由があります。

それは、アミノ酸サプリで補えるアミノ酸量は少なすぎるので、ダイエット効果に結びつかないことです。

筋肉を発達させるためには、筋トレに加えて食事内容を改善させなければなりません。筋肉を発達させるための主要は栄養素はたんぱく質です。

たんぱく質はアミノ酸の集合体なので、筋肉を発達させるための栄養素はたんぱく質でもあり、アミノ酸でもある、と言えます。

ところで、たんぱく質の栄養素としての所要量は、1日あたり体重×1g(通常時)~2g以下(筋トレ時)です。

体重が50キロの人なら、筋トレ後に筋肉を発達させたい場合は、1日にたんぱく質を最低でも50g以上、余裕があれば100g以下は摂取する必要があるわけです。

この所要量に対して、アミノ酸サプリで補えるアミノ酸量はせいぜい1000mg(=1g)くらいのものです。

アミノ酸サプリで筋肉を発達させるには、アミノ酸量が全く足りていないわけです。アミノ酸サプリのアミノ酸量は、「焼け石に水」という表現がぴったりですね。

これが、アミノ酸サプリにダイエット効果を期待できない理由です。

アミノ酸よりダイエット効果が高い成分は?

アミノ酸サプリでダイエットをするより、肉を食べてたんぱく質を補った方がダイエット効果は大きいです。

なぜなら、アミノ酸を補える量は、アミノ酸サプリより肉の方が圧倒的に多いからです。

例えば、鶏肉のささみは100gあたりのたんぱく質量が24.6gです。これくらいの量のたんぱく質を補えるなら、筋肉の発達に影響を与えることができます。

しかし、アミノ酸と同様、たんぱく質も補うだけではダイエット効果がありません。たんぱく質を補いながら運動を行い、筋肉を発達させる必要があります。

そして、筋肉が発達しただけでは脂肪は燃焼しません。筋肉を発達させることによって運動パフォーマンスを上げ、運動量を増やさなければ意味がないのです。

結局、運動した分だけしか体脂肪は燃焼しないわけであり、アミノ酸やたんぱく質を補っても運動しなければ全く意味がない(ダイエット効果はゼロ)わけです。