ダイエットに即効薬やサプリはない。即効性の食事制限を解説

「即効性のダイエットなら痩せる薬かサプリ」と考えているなら、大きな間違いです。痩せる薬は危険で即効性もないし、ダイエットサプリは全く痩せないからです。

一番即効性が高い食事制限のやり方を解説します。

痩せる薬やサプリは即効ダイエットではない

即効でダイエットするなら痩せる薬、またはサプリが効果的だと勘違いしていませんか?

痩せる薬は安全性に重大な問題があるだけでなく(肝障害など副作用が強すぎる)、即効性のあるダイエットだとも言えません。

例えば、サノレックスやシブトラミンといった痩せる薬は、死亡例が確認されています。

痩せる薬の市販で効くのは?痩せる薬は効くより副作用が怖い

また、痩せる薬は思っているほど体重の減り方が速くはないです。

ダイエットサプリについてはどうでしょうか?

ダイエットサプリは大きく分けて「脂肪燃焼系、カロリーカット系」のものが主流です。


■脂肪燃焼系のダイエットサプリ

・α-リポ酸
・カルニチン
・アミノ酸

■カロリーカット系のダイエットサプリ

・白インゲン豆抽出物(ファセオラミン)
・ギムネマ
・ガルシニア
・キトサン


しかし、ダイエットサプリは効果が全くないのが現状です。ダイエット試験を行った科学的評価として、体重減少が認められなかったからです。

ダイエットサプリは効果なし。本当に痩せるのは…

運動や筋トレダイエットにも即効性はない

一番即効性がないダイエット方法が、運動や筋トレです。

運動は食事制限より難易度が高い(体重が落ちない)ダイエット方法ですが、特に筋トレの場合は全く痩せません。

筋肉を1キロ増やしても基礎代謝は13kcalしか増えませんし、ダイエット目的で行う筋トレ程度では筋肉は全く増えません。

筋トレで筋肉を付けていこうとするなら、ムキムキの筋トレ愛好者と同程度のトレーニングを積む必要があります。

仮に、筋肉を1キロ付けることに成功できても(基礎代謝が13kcal増えても)、その基礎代謝で体重が1キロ落ちるまでに554日かかります。

「筋トレで痩せる体になれる(基礎代謝が上がる)とは程遠いですね。

では、他の一般的な運動はどうでしょうか?

体重を1キロ落とすには、運動で7200kcal消費する必要があります。

例えば、ストレッチを例に挙げてみましょう。骨盤体操や足痩せストレッチなど、ダイエットでストレッチは定番ですよね。

ストレッチの消費カロリーは、30分当たり47.2kcalです。(体重60キロの場合)

毎日30分のストレッチで、体重を1キロ減らすまでに153日かかります。

その他の運動で体重を1キロ落とすまでの所要日数は、


・ジョギング30分=38日
・エアロビクス30分=41日
・水泳(ゆっくり)=46日
・ヨガ1時間(ワンレッスン)=76日
・ウォーキング(通勤時程度)30分=99日


ただし、運動後はお腹がすいて食べてしまう傾向にあります。

例えば、ジョギングを30分行って189kcal消費しても、帰りにコンビニに寄っておにぎりを1個(180kcal)食べれば、運動のダイエット効果は帳消しです。

だから運動は食事制限より痩せる難易度が高く、体重が減らない人が多いわけです。

ダイエットで即効性が高いのは食事制限

食事制限のダイエットは即効性が高いです。運動とは比べ物になりません。さらに、食事制限は運動と比べて精神的苦痛が少ないダイエット方法です。

例えば、お茶碗1杯分のご飯(235kcal)を抜くダイエットと、毎日ジョギングを37分間行うダイエットを比べてみましょう。

両者のダイエット効果は全く同じです。

どちらの場合も、31日間継続すれば体脂肪が1キロ減ります。

しかし、よほどの運動好きでもない限り、毎日37分間のジョギングは継続できないと思います。仕事や家事に忙しかったりで、ほとんどの人は3日坊主になるでしょう。

運動に対して、お茶碗1杯分のご飯を抜く食事制限ならまだできますよね。

食事制限で即効性が高いのは置き換えダイエットです。

さらに、「置き換えダイエット+週末酵素断食」を組み合わせれば、1週間で-3キロの即効ダイエットも可能です。

1週間のダイエットメニュー【-3キロのキレイ痩せ方法】

もちろん、置き換えだけでも即効性の高いダイエットは可能です。

例えば、優光泉酵素(酵素ドリンク)を利用した1日1食置き換えダイエットを行えば、1ヶ月で2.5キロ以上の体脂肪を落とせます。(体重55キロの女性の場合)

優光泉酵素は国産野菜100%が主原料で作られた酵素ドリンクで、「コップ1杯でバケツ1杯分」の野菜の栄養を補えるのが特徴です。

野菜の栄養をしっかり補え、健康状態と肌の調子を改善させながら痩せられます。