ダイエットベルトに効果がない理由。全て詐欺!

ダイエットベルトの効果は全て嘘です。「巻くだけで痩せる」など楽に痩せる効果をあおった広告が目立ちますが、そういったダイエットベルトは効果が全くないのです。

ダイエットベルトは大きく分けて振動タイプ、骨盤タイプ、EMSタイプの3種類があります。

3タイプのダイエットベルトの効果を詳しく解説します。

ダイエットベルトの振動タイプは効果なし

ダイエットベルトで振動するタイプのものがありますが、効果は全くありません。お腹などに巻いて、ブルブルと振動するダイエットベルト(振動タイプ)のことです。

ダイエットベルト(振動タイプ)に効果がない理由は非常にシンプルで、体にブルブル振動を与えてもカロリーが消費されないからです。

できるだけ楽をして痩せたい気持ちはわかりますが、非科学的な詐欺商品に騙されてはいけません。ダイエットベルト(振動タイプ)は、はっきり言えば詐欺なのです。

まず、人間の体がなぜ痩せるのか、という原点に立ち返ってください。

言うまでもなく、体が痩せるのはカロリーを消費するからです。運動をすれば脂肪が燃焼するのは、カロリーを消費するからですね。

食事制限で痩せるしくみも同じです。基礎代謝で毎秒ごとにカロリー消費している状況に対して、食事制限をして摂取カロリーを減らすから痩せるのです。

だから、「痩せる=カロリー消費」に他ならないわけですね。

でも、ダイエットベルト(振動タイプ)のどこに、カロリー消費のしくみがありますか?

ないですよね。

「ダイエットベルトの振動でお腹がブルブル揺れるから、運動をしているのと同じ。」

もし、こう考えているなら、運動した時になぜカロリー消費するのか、という原点に立ち返る必要があります。

自分の意志で体を動かすからカロリー消費するわけですね。自分の意志で筋肉を動かすには、体脂肪というエネルギーが必要。だからカロリー消費するのです。

しかし、ダイエットベルトの振動でブルブルお腹を揺らしても、それは自分の意志で体(筋肉)を動かしているわけではありません。

車のエンジンと燃料タンクのガソリンに例えると、すぐにわかることです。

エンジンを始動させるからガソリンが減るのであって、燃料タンクを揺すっただけではガソリンが減りません。(燃料タンクが漏れていれば話は別ですが…)

ダイエットベルトの骨盤タイプも痩せない

ダイエットベルトには骨盤を矯正することで体重を減らそうとするもの、言い換えれば、骨盤矯正ダイエットのために用いるダイエットベルトがありますね。

主に産後ダイエットで腰に巻くものです。

このようなダイエットベルト(骨盤タイプ)も全く痩せません。理由は振動タイプのダイエットベルトと全く同じで、腰に巻いてもカロリー消費しないからです。

そもそも、骨盤矯正にはダイエット効果がありません。だから、整体やエステで骨盤矯正してもらっても、体重は1gさえ減りません。

骨盤矯正にダイエット効果がない明確な理由は、骨盤が歪まない(開かない)組織だからです。出産で骨盤が開くと言いますが、あれは嘘なのです。

妊娠や出産によって骨盤周辺の靭帯や筋肉が緩む、なども嘘です。

だから、歪まない骨盤は矯正しようがなく、緩まない靭帯・筋肉もダイエットベルトで矯正のしようがないのです。

もちろん、骨盤を閉める(矯正する)と痩せやすい体質になる、というのも嘘です。

こういった骨盤矯正ダイエットの効果説明は医学を無視したものなので、医師も否定しています。例えば、医学博士の高須クリニック院長も効果を否定していますね。

以上の通り、骨盤は歪まないので、ダイエットベルト(骨盤タイプ)を使用する意味がありません。もちろん、ダイエットベルト(骨盤タイプ)の痩せる効果はゼロです。

EMSタイプのダイエットベルトの効果は?

ダイエットベルトにはEMSタイプ(電流の刺激で筋肉を動かすタイプ)のものもあります。このEMSタイプのダイエットベルトだけは、振動タイプや骨盤タイプと異なります。

何が違うのかと言うと、ダイエットベルトで実際に筋肉を動かす点です。

ダイエットベルト(振動タイプ)のところで説明しましたが、筋肉を自分の意志で動かした時だけカロリー消費すると書きました。

EMS電流で筋肉を動かす場合もカロリー消費します。なぜなら、EMS電流で神経を刺激することによって、筋肉に自ら動くように命令させているからです。

しかし、EMSタイプのダイエットベルトの欠点はカロリー消費が少ないこと、火傷の心配があることです。

カロリー消費に関しては、何時間もダイエットベルトで電流を流し続けて、1kcalから数kcalもカロリー消費すればよい方です。

また、何時間も体に電流を流し続けていれば、体が火傷して跡が残る場合もあります。

EMSタイプのダイエットベルトに関しては、「独立行政法人 製品評価技術基盤機構」がいくつか事故事例を挙げていますね。

「ダイエットベルト(EMSタイプ)を腹部に付けて90分連続で使ったところ、腹部に直径約2mm、深さ約1mmの穴の傷跡が6か所できた。病院で傷跡が残ると診断された。」

「皮膚が赤く腫れ、病院で軽い火傷と診断された。」

「ダイエットベルト(EMSタイプ)のパッドのあたる部分に痛みを感じたけど我慢して10日使用したら、赤い湿疹が多数できた。」

など。

EMSタイプのダイエットベルトは効果がないに等しい(体重が減ったり、お腹がへこんだりする効果は全く期待できない)だけでなく、火傷で肌を醜くする危険もあるのです。

ダイエットベルトは全て詐欺なのか?

主なダイエットベルトである振動、骨盤、EMSタイプについて説明しましたが、EMSタイプを除いては100%詐欺です。

骨盤タイプのダイエットベルトに関しては、たとえ大手の下着メーカーが販売している製品であっても効果は全くありません。

「腰痛を緩和させる」などの商品説明であればセーフですが、「痩せる」との商品説明であれば詐欺です。

また、EMSタイプのダイエットベルトだけは、実際に電気刺激で筋肉を動かすので、効果が全くないわけではありません。

しかし、効果はほぼないに等しい程度で、これによって体重が減ることはないし、お腹がへこんだりすることもありません。

完全な詐欺ではないけど、詐欺に限りなく近い商品であることに違いはありません。

ダイエットベルトで痩せようなどと考えないことです。