出産後の体重はいつ戻る?体重増加の原因とダイエット方法

「妊娠で体重増加した分は、出産後いつ戻るのだろう。出産後2ヶ月たっても全く体重が減っていかないのだけど…」

「出産後にむくみで体重が増加したみたいだけど、いつ戻るのかな…。何が原因で、どのように改善すればよいのだろう?」

出産後は体重の悩みが尽きませんよね。

出産後の体重はいつ戻るのか、体重増加の3つの原因と減らし方を解説します。

出産後の体重はいつ戻る?

気になる出産後の体重はいつ戻るのでしょうか。産後1ヶ月…2ヶ月たっても体重が戻らない時には本当に不安になりますよね。

出産後から体重がいつ戻るかについて目安を言えば、だいたいは出産後4~6ヶ月くらいで妊娠前の体重に戻る人が多いです。

早い人では出産後1ヶ月で体重が戻る人もいますが、逆に体重が戻るのが遅い人もいます。

だけど、出産後4ヶ月を過ぎても体重が減っていく気配がないなら、今の生活を続けても体重が戻らない可能性が高いです。

その場合、食事を見直すなど何らかのダイエットが必要になるでしょう。

出産後はむくみによる体重増加も

出産後はむくみが原因で体重が増加する場合もあります。

「出産した赤ちゃんの体重が3000gなのに、出産後に体重を計ったら2キロしか減っていないけど、なぜ?」

出産後は体の状態を妊娠前に戻そうと働くため、女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の分泌量が変化します。これが原因で、体がむくむ場合もあります。

出産後のむくみは早い人で2週間、だいたいは1ヶ月程度で改善します。だから、むくみが引くまで待ってみるのも体重を戻す1つの手段かもしれません。

もし出産後にむくみが全く改善しないようでしたら、野菜などからカリウム(むくみの原因となるナトリウムを体外に排出させる効果がある)を補うのも1つの方法です。

ホルモンバランスではなく、食生活がむくみの原因になっている場合もあるからです。

出産前後に塩分の多い食事(むくみの原因)をしていた場合、カリウムを補うことでむくみが改善されます。

出産後に体重が増加してしまった場合

むくみに関係なく出産後に体重増加の傾向があった場合(産後2ヶ月以上たっても体重が減らない場合)、今の食事量(摂取カロリー)が合っていない可能性が高いです。

特に授乳中にも関わらず体重が増加傾向にあったなら、今すぐ食事量を見直す必要があります。

授乳中は消費カロリーが増えており(+350kcal/日)、それでも体重が増えるならカロリーの過剰摂取は間違いないです。

完ミ育児は体重が減りにくい

完ミで赤ちゃんを育てているなら、出産後の体重は減りにくいです。

逆に言うと、完母で育児をしている人は痩せやすいです。

「授乳していない人の1日消費カロリー」に「授乳による消費カロリー(+350kcal/日)」がプラスされるからです。

「産後6ヶ月以内は痩せやすい」とよく言われますが、これは完全な誤解です。正確には、「授乳中は1日消費カロリーが350kcal増えるので痩せやすい」です。

完母の場合は体重が減りやすいのですが、完ミの場合は産後6ヶ月以内であっても「痩せやすい」ということは全くないのです。

ただ、出産後2週間~1ヶ月にかけては、むくみが引くことで体重が減る場合があります。

これは痩せること(体脂肪が減ること)とは無関係です。単にむくみが引いただけなので、「痩せた」と誤解しないようにしましょう。

骨盤ベルトやガードルは出産後の体型戻しに効果なし

出産後の体型戻しで骨盤ベルトやガードルが推奨されることもありますが、骨盤ベルトや産後ガードルで体重や体型が戻ることは絶対にありません。

これらはダイエット効果が全くないので注意しましょう。

骨盤は基本的に動かない組織であり、整体で施術を受けても骨盤矯正はできません。当然ながら、骨盤ベルトで骨盤を矯正できるわけもありません。

もっと言えば、仮に骨盤矯正ができたとしても、骨盤の位置の変化によって痩せやすい体になるようなこともありません。

骨盤矯正ダイエットは医学的に全く根拠のないダイエット方法なのです。

出産後に体重を戻すコツ

出産後の体重の減りやすさを決定付ける最大の要因は、授乳を行うかどうかです。完母で育てるか完ミで育てるかで、体重の減りやすさは大きく変わります。

また、出産後1ヶ月間はむくみが改善することで体重がある程度減る場合もあるでしょう。

授乳を行っていて、出産後2ヶ月たっても全く体重が減らないなら、摂取カロリーが明らかに過剰なので食生活を改善していきましょう。

授乳の有無によって、基礎代謝は体重10キロ分ほど差が出てきます。例えば、授乳していない60キロの女性と、授乳中の50キロの女性の基礎代謝はほぼ同じです。

カロリー制限をする場合の具体的な数値としては、妊娠前の理想体重の1日消費カロリーに350kcalを足したものを現在の1日摂取カロリーにするとよいです。

1日消費カロリー(※授乳していない人)


45キロ=1492kcal
46キロ=1525kcal
47キロ=1558kcal
48キロ=1591kcal
49キロ=1624kcal
50キロ=1658kcal
51キロ=1691kcal
52キロ=1724kcal
53キロ=1757kcal
54キロ=1790kcal
55キロ=1823kcal


例えば、妊娠前の48キロに戻したいなら、48キロの人の1日消費カロリー(1591kcal)に授乳による消費カロリー(350kcal)を足した数値を摂取するようにします。

 1591kcal
+350kcal(授乳)
———-
=1941kcal

計算すると、1941kcalですね。

毎日1941kcal摂取するような食事制限を行っていけば、完母育児を続ける限りは体重が減り続けていき、いずれは48キロまで体重が減っていくのです。