産後の骨盤矯正に効果がない3つの理由

産後の骨盤矯正に何の効果を求めているのかにもよりますが、基本、産後に骨盤矯正しても効果が全くないことを知っておくべきでしょう。

まず、産後に骨盤矯正してもダイエット効果は全くありません。いわゆる産後の骨盤矯正ダイエットには効果がない、ということです。はっきりいって、全く効果なしです。

あなたが産後の骨盤矯正に何らかの効果を期待して整体を探しているなら、お金の無駄になるだけなのでやめておいた方が良いでしょう。

産後に骨盤矯正って意味がある?

まず、産後の骨盤矯正に効果があるのかを説明するために、そもそも、産後に骨盤矯正することに意味があるのかを書いておきます。

産後に骨盤矯正する意味は、出産で開いた骨盤を閉じるためです。出産で赤ちゃんが出てくる時に骨盤が開くので、開いた骨盤を閉じると言うことですね。

そもそも、「骨盤が開く」とはどういった状態を意味するのでしょうか?

素人的に想像するなら、赤ちゃんが出てくるときに骨盤を押し開くのだから、骨盤が開いて当然だろう、と考えると思います。

しかし、出産によって骨盤が開くことはありません。

正確に言えば、出産時に骨盤の一番下の部分の恥骨結合がほんのわずかに開く(というより、しなる)のですが、赤ちゃんが出た瞬間に元の形に戻ります。

なぜなら、骨盤の恥骨結合は竹のように「しなる」からです。竹を押してもすぐ元の形に戻る様子はご存知ですよね。あれと同じです。

赤ちゃんが通る時だけ恥骨結合はしなりますが、通過し終わると戻るのです。恥骨結合は竹のように「しなやか」なので、開いたままの状態にはならないのです。

骨盤の恥骨結合以外の部分はどうかと言うと、出産時に動くことはありません。要は、骨盤の恥骨結合以外の部分は出産時に開かない、ということです。

出産時に骨盤で唯一開くのが恥骨結合だけであり、その恥骨結合も赤ちゃんが通過した瞬間に元に戻るわけですから、「産後に骨盤が開く」という状態はあり得ないのです。

だから、産後に骨盤矯正を行っても意味がないわけですね。

これまで度々、産後の骨盤矯正の効果について論争が行われてきましたが(産後の骨盤矯正ダイエットの効果に関してなど)、医学的見地からは効果がないと言われています。

というより、骨盤が開く(動く)というのが非医学的なのです。

この非医学的な言葉「骨盤が開く」「骨盤を閉じる」「骨盤矯正」「骨盤矯正ダイエット」を生み出したのは、整体師を含む営利企業です。

医学界では「骨盤が開く」「骨盤矯正」、などという用語は存在しません。なぜなら、医学的に言って骨盤は開かない(動かない)からです。

骨盤矯正に効果がない(骨盤矯正ダイエットに効果がない)ことは、高須クリニック院長(医学博士)もそう断言しています。

だから、産後の骨盤矯正の効果は医学的に明確に否定されているわけです。

産後の骨盤矯正で整体に行くなら注意

もし産後に骨盤矯正してもらおうと整体に行くことを検討しているなら、いろんな意味で注意する必要があります。

まず、産後の骨盤矯正に関して、整体の人は効果がないことを知っています。知っているのにあえて、産後の骨盤矯正を整体で行おうとするのです。

整体の経営も厳しいのですが、そんなタイミングで骨盤矯正が世間で知られるようになりました。そこに飛びついたのが、経営に賢い整体師です。

(私の想像では、大きなお金を動かせる営利企業がテレビに依頼して骨盤矯正のブームを作り、それに乗っかったのが個人経営の経営に賢い整体師だと思っています。)

要は、産後に骨盤矯正のために整体に行くと、いいカモにされる、ということです。

産後の骨盤矯正で整体に行くべきでないもう1つの理由は、整体師からセクハラを受ける危険があることです。

整体師も骨盤矯正に効果がないことを知ってやっていますから、意味のない施術を真剣にやる整体師ばかりだとは限りません。

特に男性の整体師だと、骨盤という微妙な位置なので、セクハラされる可能性があるのです。

実際に、産後に骨盤矯正を整体で受けていてセクハラされ、警察沙汰に発展した事例もあります。おかしいと感じた整体の施術は実際、断るべきでしょう。

産後の骨盤矯正ベルトは効果があるのか?

産後の骨盤矯正ベルトの効果の有無については、産後の骨盤矯正の効果それ自体が医学的に否定されていることからわかると思います。

そうです。産後に骨盤矯正ベルトを着けても効果は全くありません。

まず、産後に骨盤矯正ベルトで骨盤を出産前の正しい位置に戻す、という考え方からおかしいです。出産によって骨盤は動かないからです。

さらに、腰に骨盤矯正ベルトを巻いたところで、骨盤を動かすことはできません。なぜなら、骨盤は人間が外から力を加えたくらいでは動かないからです。

人間の力では骨盤が動かないので、整体の施術程度で骨盤が動かないのは当然でしょう。

また、骨盤矯正ベルトを巻いた時に腰が受ける力は、整体のように人間が直接力を加える場合よりも更に小さな力です。

産後に骨盤矯正ベルトを巻いたからといって、骨盤には何ら影響を与えることができないのです。

骨盤矯正についてもう1つ言えば、外部から骨盤を動かそうと力を加えると、骨盤の形が変化するよりも前に骨盤が折れます。

これも骨盤矯正が不可能な理由の1つであり、産後に骨盤矯正をする意味がないことを証明する根拠となります。

産後の骨盤矯正ガードルなども人気があるみたいですが、これも全く効果はありません。

こういったもの(骨盤矯正ベルトや骨盤矯正ガードルなど)は、結局、営利企業が骨盤矯正ブームに乗ってお金儲けのために適当に作った商品にすぎません。

言うまでもありませんが、エステの骨盤矯正ダイエットも効果はありません。

とにかく、「骨盤矯正」と名が付くものは全て詐欺なので注意が必要です。

もし産婦人科の看護師や医師が骨盤矯正ベルトを勧めていたとしても、本心はお金儲けのためなので断った方がよいでしょう。

産後の骨盤矯正に効果がない理由を更に

産後の骨盤矯正が効果なしである理由をもう1つ言えば、仮に骨盤矯正ができた(骨盤矯正で骨盤が動いた)としても、それに何の効果もないことです。

骨盤矯正ダイエットに関して言えば、「骨盤が歪むと血流や新陳代謝が悪くなる、老廃物が下半身にたまってむくみやセルライトの原因になる。」などと言われています。

骨盤の歪みを矯正すれば、代謝がよくなって痩せやすい体になれるわけですね。

しかし、前述の高須クリニック院長(医学博士)によれば、「痩せることと骨盤は関係がなく、骨盤矯正ダイエットは詐欺である」とのことです。

産後に骨盤矯正を行っても全く意味がないということですね。