加圧下着の効果は嘘。3つの効果を解説

加圧下着には全く効果がありませんが、なぜ効果がないと言い切れるのでしょうか。

実は、加圧下着の効果の説明は3パターンあります。

加圧下着を履くだけで「加圧トレーニングの効果を得られる」「補正下着の効果を得られる」「骨盤ダイエットの効果を得られる」のうちのどれかです。

加圧下着の脂肪燃焼Tシャツって?痩せるの?

脂肪燃焼Tシャツという加圧下着の一種が売れているらしいですが、これは12日間着るだけで上半身が激痩せするという商品です。

脂肪燃焼Tシャツを着るだけで本当に激痩せできるのでしょうか。

ちなみに、この脂肪燃焼Tシャツはその名の通り、着るだけで脂肪が燃焼する(エネルギーを消費する)という商品です。

他の加圧下着でも、「着るだけで痩せる」「履くだけで痩せる」という商品は多いですね。

では、なぜ脂肪燃焼Tシャツを着るだけで脂肪が燃焼するのでしょうか。

また、脂肪燃焼Tシャツの効果は本当なのか、嘘なのか??

この脂肪燃焼Tシャツに限りませんが、加圧下着の効果説明(痩せるメカニズム)には必ず、次の1~3のどれかが含まれています。


1.加圧下着を履くだけ(着るだけ)で加圧トレーニングの効果を得られる

2.加圧下着の圧力で体の脂肪を押さえつけるので、補正下着の効果でスリムに見せる

3.加圧下着に骨盤矯正の機能を組み込んであるので、履くだけで骨盤ダイエットの効果を得られる


これら3つの効果が本当なのか、1つ1つ見ていきましょう。

加圧下着で加圧トレーニングの効果を得られるか?

加圧下着を履くだけで加圧トレーニングの効果がある、という機能性について。これは、加圧下着が体に圧力を加えるので、加圧トレーニングの効果を得られるようです。

加圧トレーニングとは筋トレ方法の一種であり、体の筋肉発達のしくみを利用することによって、普通に筋トレするよりも楽に筋肉を付ける方法です。

筋トレする部位の血流の上流部分をゴムバンドで縛ることで、筋トレする部位の血流を制限します。

この血流制限状態で筋トレを行うと、血液中の乳酸濃度が上昇します。そうなると、成長ホルモンが分泌されて筋肉が付きやすい状態になります。

要は、血流制限状態で軽い筋トレをするだけで、ハードな筋トレをしたのと同じように筋肉を付けることができます。

この加圧トレーニングの効果については間違っていません。

間違っているのは、「加圧下着を履くだけで加圧トレーニングの効果が得られる」という部分です。

加圧トレーニングの効果を得るためには、ゴムバンドで体をきつく縛って血流制限状態にしますが、この状態(血流制限状態)は長く続けることで体を壊死させます。

加圧トレーニングの場合は、筋トレ時のごく短時間だけゴムバンドで縛るので、体への影響は少ないです。

(それでも悪影響はある。例えば、血流制限状態で生じた血栓が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞になるリスクを高めるなど。)

しかし、加圧下着は日常生活で履きっぱなしにする商品です。普通に考えて、体が壊死する可能性があるように製品設計するわけがありません。

そんな加圧下着で傷害事件でも起きたら、メーカーと販売者は製造物責任法(PL法)で訴えられるとともに、テレビでも大事件になりますよね。

加圧トレーニングは短時間勝負の筋トレ法であり、日常生活で長時間かけてだらだら行うものではありません。

「履いて日常生活を行うだけで筋肉が発達する」「履くだけで基礎代謝がアップする」というのは大嘘で、ここまで読んだあなたなら十分に理解できたと思います。

加圧下着の圧力で補正下着の効果

加圧下着ついては、正直言って補正下着の効果しかない、というのが事実です。「加圧」と名付けながら加圧トレーニングの効果がないわけです。

例えば、加圧レギンス(着圧レギンスとも言う)は、履くことで足やお尻に圧力をかけます。そして、脂肪を押さえつけます。

だから、加圧レギンスを履いている間だけは、周りから見れば足やお尻が多少は細く(小さく)なったように見えます。

イメージとしては、中年太りでお腹ポッコリのおじさんが、お腹をベルトできつく締め上げている感じです。お腹はとても苦しいですが、服の上からはお腹がへこんだように見えます。

加圧レギンスに関しても、「着圧効果で脂肪が燃焼する」と説明している商品が多いです。加圧トレーニングの効果がない、にも関わらずです。(その方が売れますから。)

もしあなたが加圧下着に興味を持っているなら、補正下着の効果は期待できるかもしれないけど、履くだけで痩せることはない、と考えておきましょう。

ただ、「加圧○○」と名付けながらも、商品説明には補正下着の効果しか書かれていない商品もあります。

商品名で加圧トレーニング(脂肪燃焼効果)を連想させようと狙っているのは間違いないですが、嘘は書かないという点で潔い(いさぎよい)と言えば潔いでしょう。

加圧下着を履くだけで骨盤ダイエットの効果

加圧レギンスなど下半身用の加圧下着に多いのですが、履くだけで骨盤ダイエットの効果が得られる、という加圧下着も多いです。

しかし、骨盤ダイエットというダイエット方法自体の効果が嘘なので、当然、「加圧下着を履くだけで骨盤ダイエットの効果を得られる」というのも嘘です。

骨盤ダイエットは、医学博士の高須クリニック院長が効果を否定しているダイエット方法です。

骨盤ダイエットは骨盤矯正することで脂肪を燃焼させる、というダイエット方法ですが、骨盤は構造上、外から力を加えても全く動きません。

そもそも骨盤矯正という行為自体が不可能であり、仮に整体などで骨盤がわずかながら動いたとしても(実際は整体程度の外圧で骨盤が動くことはない)、それによって脂肪が燃焼することはあり得ません。

整体でも動かない骨盤が、加圧下着の緩い圧力で動くわけがないのです。(交通事故のような強烈な力が加わると、骨盤が動くこともある。)

加圧下着は痩せない。確実に痩せるには?

加圧下着は全く痩せない商品であり、「履くだけで痩せる」という効果はあり得ないことです。加圧下着の3つの効果について解説しましたが、

1.加圧トレーニングの効果
2.補正下着の効果
3.骨盤ダイエットの効果

実際に効果があるのは2(補正下着の効果)だけであって、「加圧下着を履くだけで脂肪が燃焼する」といった効果はあり得ません。

加圧下着は痩せないのです。もし加圧下着を買おうとしているなら、そういうことを理解したうえで買うとよいでしょう。(体型を補正したい場合のみ。)

確実に痩せるためには、食事制限や運動を行って体脂肪を減らす必要があります。

人は生命を維持するためにエネルギーを消費しているのであって、食べる(カロリーを摂取する)のは消費したエネルギーを補うためです。

そして、摂取したカロリーを消費しきれない時、体脂肪として体に蓄えられます。

逆に、摂取したカロリーよりも体が消費するカロリーの方が多い場合、エネルギーを取り出すために体脂肪を燃焼させます。

要は、体脂肪が増えたり減ったりする体のしくみは、エネルギーの出し入れなのです。

加圧下着のように体の外から何かをしても意味がなく、体脂肪を減らしたければカロリー摂取を控えるか、カロリーを消費するしかありません。

このカロリー消費の部分にフォーカスしたダイエット方法が、酵素ダイエットです。

体が体脂肪を消費してエネルギーを取り出す時、体内では必ず酵素反応が起きています。

要は、体脂肪をATP(体が利用できる形のエネルギー)に変換しなければ、体脂肪をエネルギーとして消費できません。

そのため、体内で酵素反応の効率が悪いとエネルギー代謝の効率が落ちます。酵素を補うことで酵素反応の効率を上げ、エネルギー代謝の効率を上げるのが酵素ダイエットです。

体内酵素は、無理な食事制限(栄養の偏り)で減る他、加齢によっても徐々に減少していきます。加齢によって基礎代謝が落ちたり、痩せにくくなったりするのはこのためです。

本気で痩せる必要があるなら、無意味に体の外側に何かをする補正下着よりも、エネルギー消費に直接関係する酵素を補ったほうが確実に痩せることができます。

酵素ダイエットの効果を決めるのは、酵素を補う量です。酵素を多量に補ったほうが、酵素反応の効率をより高められるからです。

例えば、ジュース系酵素ドリンクのような酵素が薄い製品は効果が低く、逆に、優光泉酵素のような酵素原液100%の製品は効果が高いです。