即効でお腹の贅肉を落とす方法

あなたも即効でお腹の贅肉を落とす方法を調べているから、このページにたどり着いたのだと思います。即効でお腹の贅肉を落とすにはコツがあります。

例えば、もしあなたがお腹の贅肉を落とすために腹筋を行っているなら、あまりにも効率が悪いので今すぐ別のダイエット方法を考えるべきでしょう。

お腹の贅肉を落とすには運動?食事制限?

お腹の贅肉のダイエットには運動と食事制限の、どちらの方が効果的なのでしょうか。どちらも一長一短ですが、基本的には両方行った方がお腹の贅肉はキレイに落とせます。

運動でお腹の贅肉を落とそうとした場合、デメリットは即効性の効果を感じられないことです。やはり運動でお腹の贅肉を落とそうとすれば、かなり時間がかかりますね。

逆にメリットは、食事制限で落としきれなかったお腹の贅肉を落とすことが可能になる点です。食事制限だけでお腹の贅肉を完全に落とすのも難しいことです。

言い換えれば、即効でお腹の贅肉を落とすには食事制限が不可欠であり、運動だけでお腹の贅肉を落とすのはほぼ不可能に近いといえます。

食事制限は即効でお腹の贅肉を落とすには効果が大きい方法です。即効でお腹の贅肉を落としたいのなら、運動よりも食事制限を重視するべきでしょう。

運動でお腹の贅肉を落とすのは難しい

お腹の贅肉が運動で全く落ちないわけではありません。ただ、即効でお腹の贅肉を落とすことを考えている場合、運動だけではほぼ不可能に近いでしょう。

もちろん、アスリートレベルで猛烈に運動をしている人、きつい肉体労働に従事している人なら、運動や肉体労働だけでお腹の贅肉を落とすことは十分に可能です。

一般人が運動だけでお腹の贅肉を落とすのが難しい理由は、食事制限に比べて運動のダイエット効果が低い、運動を精神的に辛いと感じやすいことが最大の理由です。

お腹の贅肉を落とすには体脂肪を減らす必要があります。

もちろん、お腹の贅肉に限ったことではありませんが、例えば小顔になりたい、足を細くしたい、といった場合も体脂肪を減らす必要があります。

しかし、食事制限のダイエットと比べて、運動のダイエットの方が体脂肪が減りにくいです。その理由は、同じだけのダイエット効果を得る場合、食事制限よりも運動の方が精神的苦痛が大きいからです。

ご存知の通り、体脂肪を減らすためにはカロリーコントロールを行う必要があります。食事制限なら摂取カロリーを控えること、運動ならカロリーを消費することが必要です。

例えば、200kcalのカロリーコントロールを行う場合、

1.ジョギングを24分間行う
2.3食の食事のうち、1食だけご飯を1杯抜く

上の1と2を比べて、あなたならどちらの方が楽だと感じるでしょうか。

アスリートレベルの運動好きな人ならジョギングを選ぶかもしれませんが、運動が苦手な一般人ならご飯を抜くことを選ぶと思います。

要は、毎日ジョギングを30分~1時間くらい苦もなくできる人以外、運動だけでお腹の贅肉を落とすことは難しいのです。

腹筋でお腹の贅肉を落とすのは無理

もしあなたが腹筋だけでお腹の贅肉を落とすことを考えている場合、100%無理だと断言できるので、別のダイエット方法の併用を検討するべきです。

腹筋はお腹の筋肉を直接使う運動とはいえ、だからといってお腹の贅肉だけが優先的に消費されるわけではありません。

腹筋をした場合に減る体脂肪も、他の運動(ジョギングなど)を行った場合と同様に、全身の体脂肪が平均的に減ることになります。

要するに、腹筋をしても他の運動をしても、お腹の贅肉が減る割合は変わらないので、腹筋のダイエット効果をはかる指標は他の運動と同様に消費カロリーです。

例えば腹筋を20回やるとして、運動の所要時間は1分程度のものです。また、腹筋を1分間行った場合の消費カロリーは約8kcalにすぎません。

腹筋を20回やった場合に減る体脂肪の量は約1gにすぎないのです。しかも、全身に付いている体脂肪から1g分が平均的に減るわけなので、お腹の贅肉はなおさら変化なしです。

食事制限ならお腹の贅肉が落ちやすい

食事制限を行うなら、お腹の贅肉をより確実に落とすことが可能です。なぜなら、運動よりも精神的苦痛が少なく、大幅なカロリーコントロールが可能だからです。

運動の場合は腹筋20回で8kcal、ジョギング24分間で200kcalの消費ですが、食事制限なら3食の食事の1食分だけご飯を1杯抜くと200kcal制限できます。

ちなみに、200kcalを制限すれは約28gの体脂肪を落とすことができます。1ヶ月(30日)この食事制限を続ければ体脂肪を830g落とせます。

830gも全身の体脂肪が落ちれば、お腹の贅肉もある程度落ちてきます。

もちろん、3食のうちの2食でご飯を1杯抜くなら、1日に400kcalずつ制限できます。この食事制限を1ヶ月続けるなら全身の体脂肪は約1.6キロ落ち、お腹の贅肉も自覚できるほど減ってきます。

お腹の贅肉はサプリでは落ちない

食事制限でお腹の贅肉が落ちるなら、サプリでも同様にお腹の贅肉が落ちるのでは?、と思うかもしれません。しかし、サプリでお腹の贅肉を落とすことはできません。

お腹の贅肉を落とすためのサプリとして想定できるものは、脂肪燃焼系のサプリでしょう。しかし、脂肪燃焼系のサプリには体脂肪を減らす効果がないので、飲んでも無意味です。

例外的に効果があるのは酵素サプリですが、これも酵素を摂取できる量が微量なので体感できるほどの効果はないです。

基本的に、お腹の贅肉に効くというサプリは効果をごまかすため、下剤成分を配合していることがほとんどです。

サプリではなく、脂肪を落とす医薬品ならお腹の贅肉が落ちるはず…、と思うかもしれません。しかし、医薬品でも脂肪を落とすことはできません。

また、脂肪を落とす医薬品にも下痢や腹痛を誘発する下剤成分が配合されており(商品の注意書きを読めばわかります)、便を出して一時的にお腹をへこませて効果をごまかそうとしていることは明らかです。

実際に脂肪燃焼系のサプリ、脂肪を落とす医薬品のそれぞれの商品の口コミを見ればわかりますが、「効果を実感できなかった」という評価が90%以上を占めているはずです。

残りの効果を実感できた人の口コミは、運動や食事制限を併用しながら飲んでいた人であり、サプリに効果があったのか、運動や食事制限で痩せたのかわからない、という評価が大半です。

より即効でお腹の贅肉を落とすには?

お腹の贅肉を落とす確実な方法は食事制限ですが、より即効でお腹の贅肉を落としたいのなら、食事制限と併用して酵素ダイエットを行うとよいでしょう。

根拠がない脂肪燃焼系のサプリとは異なり、酵素ダイエットは科学的に効果が実証されているダイエット方法です。

人の体は代謝活動で生命を維持していますが、その代謝活動に欠かせない成分が酵素です。

例えば心臓の筋肉を動かすエネルギーは、食事で取り入れた炭水化物や脂肪から生み出されます。しかし、人の体は炭水化物や脂肪を、そのままエネルギーとして利用することはできません。

炭水化物や脂肪は酵素を触媒として体内で化学反応が引き起こされ、ATPというエネルギーに変換されてから利用されます。このATPというエネルギーが心臓などの筋肉を動かすわけです。

ATPが消費されるということは、お腹を含めた贅肉が減ることを意味します。

すなわち酵素ダイエットとは、体に取り入れた炭水化物や脂肪(贅肉)がATPというエネルギーに変換される効率を高めるダイエット方法です。

だから酵素ダイエットをすれば基礎代謝が上がり、痩せやすい体になります。

酵素ダイエットを行う場合の注意点は、酵素を多く含む製品で補うことです。酵素サプリのように酵素を微量にしか含まない製品で補っても効果は期待できません。

また、酵素ドリンクはサプリよりも多くの酵素を補えますが、例えば酵素原液10%にジュースを90%混ぜたようなジュース系酵素ドリンクも効果は低いです。

今のところ、酵素ダイエットの効果を最大限に引き出せる製品は、酵素原液100%の優光泉酵素だけです。

1食を優光泉酵素に置き換える酵素ダイエットを行いつつ、自分のできる範囲内でマイペースに(ウォーキングのような)運動を行えば、効率的にお腹の贅肉を落とせます。