履いて痩せる靴、サンダル、痩せるスパッツに効果なし

履いて痩せる靴など履くだけで痩せる商品がありますが、こういった商品は本当に履いて痩せる効果があるのでしょうか。

他にも履いて痩せるサンダル、履いて痩せるスパッツなどもあります。これらの履いて痩せる系商品の効果について詳しく解説します。

履いて痩せる靴の効果は?

履いて痩せる靴とはどのようなもので、また、本当に効果があるのでしょうか。履いて痩せる靴の効果とともに、この種の痩せる靴の危険性や問題点を解説してみます。

イージートーンは痩せる靴なのか?

まず、イージートーンという履いて痩せる靴がありますが、これは履くだけで美脚効果やシェイプアップ効果が見込めるという靴です。

イージートーンは靴底に空気クッションを作り、履いた時の体のバランスを不安定にするように設計された痩せる靴です。

イージートーンの口コミを多数調べてみましたが、イージートーンで痩せたという口コミと、イージートーンには効果がなかったという口コミが混在している状況です。

基本、イージートーンで痩せたという人の場合、イージートーンを履いて毎日ウォーキングやジョギングを長時間行っています。

「履いて痩せる靴を手に入れた!」という嬉しい気持ちで、イージートーンを積極的に履いて歩き回る、走り回ることで大きなカロリー消費をしたことが痩せた理由です。

また、イージートーンは効果がなかったという人の場合、仕事や日常生活などで、今まで履いていた靴の代わりにただ履いて使用しただけで、特に運動は意識していません。

このように、今までの靴をただイージートーンに履き替えただけで日常生活に使用した人の場合は、痩せたという実感もなければ体重も全く減っていないようです。

イージートーンは効果がない人には全く効果がないようです。

ただ、人によってはふくらはぎがパンパンになった事例もあり、この人の場合、逆にふくらはぎが張って太くなっています。

アメリカでは、イージートーンが虚偽広告だと裁判になったようです。

「歩くだけで美脚、シェイプアップ効果」という広告が虚偽だと判断され、アメリカにおいては左記のイージートーンの効果に関する広告が禁止されています。

イージートーンの履いて痩せる靴という効果は、科学的には実証できなかった、ということです。

痩せる靴は怪我の危険も

例えばイージートーンのような痩せる靴の場合、靴底に空気クッションがあるため体のバランスが悪くなります。このせいで、怪我をした人もいるようです。

横浜市在住の男性の場合、階段でバランスを崩して転倒し、首の骨を折る重傷を負ったようです。

イージートーンを使った人の口コミでは、バランスが悪いので腰を痛めたという内容のものもあります。また、膝や足に怪我をした人もいるようです。

結局、こういった痩せる靴を履いたところで、ジョギングやウォーキングなどの運動を積極的に行わなければ痩せることはありません。

これは普通のスポーツシューズでも同じことが言えます。

要は、痩せる靴であろうと、普通のスポーツシューズであろうと、履いただけでは痩せる効果はゼロ。履いて運動すれば、運動した分だけ痩せる。

だから、本気で痩せたいのなら、普通のスポーツシューズでもよいので、積極的にジョギングなりウォーキングなりしましょう、ということです。

靴というのは、足に馴染んで歩きやすいという機能性が重要です。履いて不安定になるような靴の場合、車が走る道路で転んで交通事故に遭遇する危険性も考えなければならなくなります。

その危険性を負ってまで手に入れようとする「痩せる効果」は、科学的には実証されていないレベルのものです。

履いて痩せるサンダルも効果なし

基本的に、履いて痩せるサンダルの効果も考え方はイージートーンと同じで、体のバランスが不安定になるように靴底が設計されたものです。

痩せるサンダルを履くと体が痩せる、美脚を作れる根拠は、下記のようなものです。

「痩せるサンダルを履いて体のバランスが不安定になった時、足にかかる体の重さが体重の2~3倍になる。この足にかかる負担が足の筋肉を強くしたり、脂肪を燃焼したりする。」

確かに、バランスがかなり不安定になる痩せるサンダルを履くと、バランスを整えるためにふくらはぎなど足の筋肉を多少使います。

しかし、それだけで美脚を作れるほどのエクササイズ効果はありません。

履いて痩せるサンダルの場合も、履いてつま先立ち運動(かかとの上げ下げ運動)をするなど、しっかりエクササイズを行うことで初めて、実感できる程度の効果を得られます。

要は、別に痩せるサンダルを履かなくても、普通のサンダルを履いてつま先立ち運動をすれば同じだけの効果を得られるわけです。

逆に言うと、痩せるサンダルを履いても、エクササイズなしに履いているだけでは美脚は作れません。

また、痩せるサンダルを履いて足に負担をかければ脂肪が燃焼するのか?、という点にも言及しておきます。

履いて痩せるサンダルと普通のサンダルを1時間履きっぱなしにして比べた場合、履いて痩せるサンダルの効果で余分に消費するカロリーはゼロ~数kcal程度のものです。

脂肪燃焼効果はほぼゼロと言った方が正しいでしょう。

履いて痩せるサンダルもイージートーンの真似をしたような商品ですが、本家のイージートーンの美脚、シェイプアップ効果が虚偽広告だとアメリカでは判断されています。

そのことを考慮しても、履いて痩せるサンダルに効果がないことは明らかなのです。

履いて痩せるスパッツも痩せない

最後に、履いて痩せるスパッツの効果についても触れておきます。履いて痩せるスパッツとは、ただ履くだけで下半身ダイエットに効果があるといわれるスパッツのことです。

履いて痩せるスパッツで痩せるしくみは、ダイエットでおなじみのリンパ関係を根拠としています。

要は、「下半身やお尻、お腹に脂肪が付く原因がリンパの巡りの悪さにある」ので、「履いて痩せるスパッツの着圧効果でリンパの巡りを助けて、脂肪の燃焼を促す」わけですね。

ただし、リンパ液の巡りは体の機能的に、体脂肪の燃焼や停滞とは無関係です。わかりやすく言うと、リンパダイエットは科学的に根拠も効果もゼロです。

また、履いて痩せるスパッツのような商品の効果の説明は、骨盤やセルライトとセットで語られることが多いです。

しかし、骨盤ダイエットの効果とセルライトの存在自体も医学的には否定されているので注意してください。

履いて痩せるダイエットは全て効果なし

結局、履いて痩せると言われている全てのダイエット商品には科学的根拠がなく、痩せる効果は全くないという結論になります。

履いて痩せる系統の商品にはこれらの他に、痩せるレギンス、痩せるタイツ、痩せるパンツ、痩せるガードル、痩せるトレンカなどがありますが、全て効果なしです。

ダイエットは科学的根拠がしっかりした方法でやらなければ、絶対に痩せられません。医学的に言えば、体脂肪の増減に関わる要素はカロリーコントロールしかないのです。

食事制限で摂取カロリーを制限するか、運動でカロリーを消費するかでしか、痩せられないわけですね。

履いて痩せる系の商品やリンパ、骨盤など、わけのわからないダイエット方法には科学的根拠、医学的根拠がないので痩せられないのです。

医学的根拠があるダイエット方法の筆頭としては、食事制限や運動の他に、酵素ダイエットがあります。

酵素ダイエットは代謝活動に欠かせない酵素を補うことで、基礎代謝を上げて痩せやすい体を築くダイエット方法です。食事制限で体重が落ちない人に向いている方法です。

また、酵素ダイエットは食事を酵素ドリンクに置き換えるダイエット方法なので、置き換えダイエットの一種でもあります。

普通の食事制限や置き換えダイエットは、痩せるほど基礎代謝を減らして痩せにくい体になります。(食事制限で体重が落ちない原因)

しかし、酵素ダイエットの場合は、代謝量を補いながら痩せるので体重が落ちるペースが速いばかりか、ダイエット後にリバウンドする可能性も低いです。

また、一番効果が高い酵素ドリンクは、酵素原液100%の優光泉酵素です。