脂肪吸引後は太る?脂肪吸引はリバウンドが多い

脂肪吸引後にまた太る事例は多いです。たいていの人は脂肪吸引後にリバウンドしており、再手術を繰り返しています。

脂肪吸引は脂肪細胞を吸引するため太ることはない、とする情報もありますが、あれは嘘です。脂肪吸引も普通にリバウンドするのです。

脂肪吸引後のリバウンドについて

脂肪吸引後は二度と太ることはなく、リバウンドの心配をしなくてもよい。そう考えているのなら間違いです。脂肪吸引後もリバウンドはします。

脂肪細胞を取るのに、なぜ脂肪吸引後もリバウンドするのか、と疑問に思われるでしょう。

確かに、脂肪を蓄えるのは脂肪細胞の役割であり、脂肪吸引によって脂肪細胞を取ってしまうので、脂肪吸引後はリバウンドのしようがないはずです。

でも、脂肪吸引後にカロリーオーバーして太る場合、本来、体に付くはずの体脂肪はどこに消えてしまうのでしょうか?

消えてしまうわけありませんよね。

カロリーオーバーした時に体脂肪が付くのは、飢餓に備えてエネルギーを蓄えるという体の機能です。その機能自体が失われるわけはありません。

脂肪吸引後に、どのようにリバウンドするのか(どのように体に脂肪が付いていくのか)を少し説明します。

脂肪吸引後の脂肪の付き方

脂肪吸引後に太った場合、脂肪吸引をした部分以外に脂肪が付くことになります。

例えば、太ももの脂肪吸引後に太った場合、太ももの脂肪吸引箇所を除いた体全体に脂肪が付きます。(太ももにも、脂肪の取り残し箇所だけ脂肪が付きます。)

顔もお腹もお尻も、どこもかも脂肪が付いているのに、太ももの脂肪吸引をした部分だけ脂肪の付き方が少なくなります。

また、体全体の広範囲に渡って脂肪吸引をした場合、脂肪吸引をした部分だけ脂肪が付きにくくなりますが、脂肪の取り残し箇所があればその部分だけに集中して脂肪が付きます。

脂肪吸引してない人が2キロ太った場合、体全体にバランスよく脂肪が付きます。

しかし、脂肪吸引をした人の場合、太った2キロ分の脂肪が、脂肪吸引の取り残し箇所に集中して付くことになります。

要は、皮膚の表面にでこぼこができるわけですね。

脂肪吸引後はいずれにせよ、皮膚の表面にでこぼこができる可能性は排除できません。(脂肪の取りむらが必ずできるので)

それ以後は太って脂肪が付くことで、その皮膚のでこぼこがさらに目立つわけです。

しかし、脂肪吸引箇所に永久に脂肪が付かないわけではありません。

脂肪吸引で脂肪細胞を取ったとしても、完全に取りきるわけではありません。残った脂肪細胞は分裂し、数を増やしていきます。

いずれにせよ、脂肪吸引をした人もしてない人も、カロリーオーバーした分だけ脂肪が付く事実は変えられません。

7200kcal分カロリーオーバーしたら、脂肪吸引をした人でも必ず1キロ分の体脂肪が増えます。体のどこに付くのかは別として、体に付く量は脂肪吸引をした人でも変わりません。

脂肪吸引の失敗例

もし脂肪吸引に失敗した場合、どうなってしまうのでしょうか。どれだけクリニック選びに慎重になったとしても、脂肪吸引に失敗はつきものです。

あなたの場合だけ脂肪吸引に失敗しない、という保証はどこにもありません。

脂肪吸引の失敗例としてまず考えられるのが、皮膚のでこぼこです。

上にも書いた通り、脂肪吸引は人間が行う施術なので、必ず脂肪の取り残しが起こり得ます。ロボットがやるわけではないのですから、当然のことです。

脂肪の取り残しやむらがあれば、皮膚がでこぼこになってしまいます。泣く泣く大金をはたいて再手術する人が後をたちません。

また、脂肪の取りむらがあるということは、体の左右の形が変わってしまうこともあるわけです。例えば、二の腕の形が右と左で違う、腰回りやお尻の形が左右で違う、などです。

次に、脂肪吸引の失敗例として挙げられるのが、皮膚のたるみです。

脂肪があったのを吸引して取り除くので、表面の皮膚が余って皮膚のたるみになります。元々皮膚のたるみがある人ほど、脂肪吸引後は皮膚のたるみがひどくなります。

ところで、脂肪吸引の失敗例で深刻なのは、神経を切ってしまうことです。当然ですが、神経が切れると関係する部分が動かなくなります。

二の腕の脂肪吸引後に、腕や指を自由に動かせなくなるのがその一例です。顔の脂肪吸引後は口をうまく動かせない、顔が曲がった不自然な表情になることもあります。

また、脂肪吸引箇所のむくみがいつまでたっても引かない、という後遺症もあります。

脂肪吸引のダウンタイムについて

脂肪吸引のダウンタイムの症状や期間はどんな感じなのでしょうか。

ちなみに、ダウンタイムとは、術後から日常生活を正常に行えるようになるまでに必要な期間です。

脂肪吸引後に痛みや腫れ、内出血、むくみが出でいる期間とも言い換えられます。

手術当日から1週間程度は、痛みや腫れ、内出血(あざ)が特にひどい期間です。痛みに耐えられないこともある他、腫れで膨れ上がるため脂肪吸引の効果を全く実感できません。

2週間程度もすれば、脂肪吸引後の痛みや腫れ、内出血も改善してくるでしょう。3週間くらいで明らかに改善してきます。

傷跡やあざ、皮膚のでこぼこが気にならなくなるのは、3ヶ月目以降の話です。

ただし、3ヶ月たっても皮膚のでこぼこ、痛み、むくみ、体を自由に動かせない(術中に神経が切れた)などの症状が残っている場合、それ以上は改善しない可能性もあります。

脂肪吸引の失敗例とも言えますので、再手術を検討する必要性、あるいは後遺症と付き合っていく覚悟に迫られるのかもしれません。

基本的に、脂肪吸引はリスクが大きいばかりで、メリットが大きいとは言えません。

極度の肥満(体重150キロオーバーなど)で、脂肪吸引をしない限り体の不自由が改善されない、などといった特殊な状態でもない限り、あまりお勧めはできません。

脂肪吸引で取れる脂肪の量は?

1回の脂肪吸引によって取れる脂肪の量は、付いている脂肪の量や皮膚のたるみ具合によって変わります。

例えば、お腹の脂肪なら300~1000ccくらいが目安です。脂肪吸引では皮下脂肪しか取れない(内臓脂肪は取れない)ため、思ったほど取れる量は少ないです。

太ももの脂肪吸引の場合は、細い人で1000cc未満、かなり太い人なら2000ccくらい取れる場合もあるでしょう。

また、クリニックによっては純粋な脂肪だけでなく、血液成分や麻酔液を含んだ総量を「脂肪吸引で取れた脂肪」と表現する場合もあります。

そのような(血液成分や麻酔液を含む)場合、およそ3分の1は脂肪以外の成分です。よって、クリニックが3000ccの脂肪を吸引できたと言っても、実際は2000ccだったりします。

脂肪の吸引量と体重の関係

脂肪吸引で1000ccの脂肪が取れた場合、体重は0.9キロ減ります。脂肪の体積に0.9をかけた数値が体重になります。

例えば、下半身の脂肪の吸引量が2000ccだった場合、体重は1.8キロ減ることになります。

しかし、この2000ccに血液成分や麻酔液を含まれる場合、実質的な脂肪の吸引量は1333cc程度、体重は1.2キロ減ることになります。

ところで、脂肪吸引は失敗がかなり多いです。クリニック側がもみ消してはいますが、それでも被害者の後悔や泣き寝入りの声をかなり目にします。

脂肪吸引後はたいてい、皮膚がぼこぼこになります。また、術後にしびれやむくみがいつまでたっても消えない、という悲惨な事例もよく耳にします。

最悪の場合は神経を切られ、体の自由がきかなくなることもあります。

これだけのリスクを背負っても、体重で言うとせいぜ1.8キロ分の脂肪が取れる程度です。また、脂肪吸引を受けた人のほとんどは、リバウンドにより再手術を繰り返します。

脂肪吸引で脂肪を取ったところで、太りやすい体質が変わらなければまた太るからです。

この程度の脂肪なら、酵素ダイエットでも簡単に落ちます。

例えば、1日1食を酵素ドリンクに置き換えるダイエットをした場合、2~3週間もあれば1.8キロ分の脂肪を落とすことができます。

また、太りやすい体質だった場合、酵素ダイエットを続ければ基礎代謝が上がります。

(体脂肪を体が利用できるエネルギーの形に変換するには、体内酵素が必須であり、太りやすい体質になる原因(=基礎代謝が低下する原因)が体内酵素の不足です。)

酵素ダイエットの効果は酵素ドリンクによって決まります。

例えば、酵素原液の割合が少ないジュース系酵素ドリンクは、酵素をほとんど含まないため効果が低いです。

優光泉酵素のような酵素原液100%の酵素ドリンクであれば、体重の落ち方や基礎代謝の上がり方も大きいです。