運動のダイエット効果いつから出る?

運動によるダイエット効果は通常、いつから出るものなのでしょうか。人によっては、運動をしても全くダイエット効果を感じられないこともあるでしょう。

運動のダイエット効果いつから出るのか、というより、食事制限なしで痩せるのはやはり難しいのでしょうか。

運動にはダイエット効果がない?

そもそも、運動にはダイエット効果がないのでしょうか。運動をしても全く体重が減らないと感じる人は多いと思います。

「運動は苦手。家事や仕事が忙しいのに、なんとか時間を作って運動をしている。だけど全く体重が減らず、運動にはダイエット効果がないとしか思えない・・・。」

ジョギングやウォーキングなどをしても体重が全然落ちない時、ふとこのように感じるのではないでしょうか?

実際には、運動はやった分だけダイエット効果があります。ただし、ダイエットの手段として考えた場合、運動は食事制限よりダイエット効果が低いのもまた事実です。

さらに言えば、人によっては運動でダイエット効果を全く得られない場合もあります。

ある人は運動をした分だけ体重が減っていくけど、ある人はいくら運動を続けても全く体重が減ってこない、といった具合です。

なぜ、運動をしてもダイエット効果がない人が存在するのでしょうか?

以下に、順を追って解説していきます。

運動のダイエット効果が出るまでの期間

運動だけでダイエットを行う場合、効果が出るまでにかなりの期間が必要です。

例えば、毎回15分のジョギングを週に5日間行う場合、1キロ痩せるまでに4ヶ月の期間が必要です。(体重60キロの人の場合)

たった1キロ痩せるだけで4ヶ月かかるわけですから、運動はダイエット効果を実感する前に挫折する人が多いのも仕方がないことです。

なぜ、運動はダイエット効果が出るまでの期間がこれほどの長いのでしょうか?

その理由は、運動のダイエット効果があまりにも小さすぎる(消費カロリーが少なすぎる)という点に尽きます。

参考までに、体重60キロの人が30分運動をした場合の消費カロリーを記載しておきます。

・ウォーキング(通勤時の速度)…72.4kcal
・ジョギング…189kcal
・ヨガ…47.2kcal
・ストレッチ…47.2kcal

体脂肪を1キロ減らすためには、7200kcal消費する必要があります。

仮に、毎日上記の運動をやったとしても、たった1キロの体脂肪を減らすまでにかなりの期間が必要なのです。

運動だけのダイエット。食事制限なしは厳しい

運動でダイエットを行う場合でも、食事制限なしで痩せるのは厳しいでしょう。食事制限をせず運動だけでダイエットをすれば、逆に太る場合も考えられます。

なぜなら、運動はダイエット効果が全くないわけではありませんが、食事制限と比べればダイエット効果がかなり低いです。

例えば、(体重60キロの人が)ジョギングを37分した場合の消費カロリーは233kcalくらいです。これに対して、お茶碗に軽く盛ったご飯1杯のカロリーが235kcalくらいです。

37分間のジョギングと、ご飯を1杯減らす食事制限のダイエット効果を比べてみましょう。

どちらも消費カロリー(制限するカロリー)は同じですが、どちらの方が楽だと感じるのかは人によって違うと思います。

(恐らく、ジョギングの方がつらいと感じる人の方が多いはずです。)

ちなみに、運動で230kcal消費するのと食事制限で230kcalのカロリー制限をするのは、ダイエット効果として考えれば全く同じです。

運動の方がダイエット効果が大きいと想像する人もいるかもしれませんが、体脂肪を減らす効果として考えれば全く同じです。

確かに、運動の方が健康維持に役立つという観点からは、運動の方が総合的には効果が上です。ただし、痩せる効果としては運動も食事制限も同じなのです。

問題は、多くの人は毎日37分間もジョギングしてられないと感じている、という事実です。しかし、毎日お茶碗1杯分のご飯を食事制限するのはまだ可能でしょう。

1週間に5日間、毎回15分程度のジョギングならできるという人もいると思いますが、これだけやっても消費できるカロリーは1週間の合計で472.5kcalです。

しかし、1週間にお茶碗2杯分のご飯を食事制限するだけで、470kcalのカロリー制限ができます。(ちなみに、毎日お茶碗1杯分ずつ食事制限すれば1645kcalです。)

このペース(1週間に5日間、毎回15分)でジョギングした場合に、体重を1キロ減らすまでに必要な期間は15週間(およそ4ヶ月)です。

生活環境の都合で時間を取れない人、運動が苦手な人にとっては、正直言ってジョギングを継続するのが大変困難でしょう。

でも、これだけの運動をやっても体重を1キロ減らすのに4ヶ月も必要なのです。

運動のダイエット効果がゼロだとは言いませんが、食事制限を併用した方が痩せるのは言うまでもありません。

ところで、運動をいくら継続しても全く痩せない人も中にはいます。

運動で順調に体重が減っていく人がいる反面、どれだけ運動を継続しても体重が減らない人もいる、ということです。

なぜ、運動をしても全く体重が減らない場合があるのでしょうか?

その理由は2つあります。

1つ目の理由は、運動の消費カロリー自体が思っているほど多くないことです。これに関しては、上に書いた通りです。

そして、もう1つの理由は、運動後は食欲が増すので、運動をしない場合に比べて食事の量が増えてしまうことです。

意志が強い人なら、運動を始めても食事の量を増やさずにすみますが、普通の人なら運動後はお腹がすいていつも以上に食べてしまいます。

ジョギングをやって100kcal消費したけど、運動後にお腹がすいたので、おにぎりを1つ食べて180kcal摂取してしまった。

ジョギングをしたのに80kcal分、逆に太ってしまうわけです。

読んでいて冗談のように思われるかもしれませんが、運動でダイエットする場合には、こんなことが当たり前のように起こってしまいます。

だから、運動でダイエットをする場合は、食事にも気を付ける必要があるのです。

むしろ、運動をやめて食事制限でダイエットを行う、という選択肢もあります。その方が確実性があり、結果が出るのも早いからです。

さらに言えば、運動に対する苦手意識は、体重を軽くすることで克服できます。

体重が65キロの時は走るだけで息切れして大汗を流していても、体重を55キロに減らした後ではたいして息切れもせず楽に走ることができます。

体重が軽ければ走ることが楽しい、とさえ感じられます。

だから、効果的なダイエットは運動か?食事制限か?と考えるのは間違いで、順番としては、食事制限である程度の体重を減らしてから運動を開始するべきなのです。

そこで効果的な食事制限の方法が、酵素ダイエットです。

酵素ダイエットは食事制限+基礎代謝を上げるダイエット方法です。だから、普通に食事制限をするよりも体重の減り方が速いです。

なぜなら、酵素には基礎代謝を上げる(エネルギー代謝の効率を上げる)効果があるからです。

酵素は、体がエネルギーを消費する時に必須の成分です。

例えば、体脂肪をエネルギーとして消費する時、体は体脂肪をそのままの形で利用することができません。

まず、体脂肪を体が利用できる形のエネルギー(ATP)に変換する必要がありますが、その時に必須の成分が酵素なのです。

酵素ダイエットをする時には酵素ドリンクで酵素を補いますが、どの酵素ドリンクも同じだけの効果があるわけではありません。

一番効果が高い酵素ドリンクは、酵素原液100%(酵素含有量が多い)の製品です。また、酵素原液100%で一番酵素量が多い酵素ドリンクは優光泉酵素です。