下半身が痩せない人に唯一の下半身痩せ方法

下半身太りに悩む人は、なぜ下半身だけ痩せないのでしょうか。「上半身は痩せているけど、下半身だけ太っている」人に最適な下半身痩せ方法とは何でしょうか?

下半身太りには理由があり、正しいダイエットを行えば必ず下半身痩せは達成できます。

下半身が痩せない原因は何?

下半身が痩せない原因として考えるべき最も重要なことは、「下半身痩せに効果がないダイエット方法をあえて選択しているのではないか?」ということです。

実際、下半身が痩せない原因がダイエットの失敗にあるのではなく、ダイエット方法の選択ミスにある(下半身が痩せない方法を自分で選んでいる)場合が大半なのです。

例えば、下半身痩せマッサージなんかで下半身(足など)が痩せることはありません。また、下半身痩せサプリを飲むダイエットも、同様に効果がないダイエット方法です。

要するに、下半身が痩せない最大の原因はダイエットの失敗にあるのではなく、下半身痩せに効果がない方法をあえて実践しているから結果が出ないだけなのです。

下半身痩せマッサージが効果ゼロの理由

下半身痩せマッサージをどれだけ続けても足が痩せないと嘆いているなら、そもそも、マッサージに足痩せ効果がない事実を知っておく必要があります。

マッサージのやり方がへただから痩せないのではなく、マッサージそれ自体に下半身痩せの効果を期待できないのです。だから結果が出なくて当然です。

はっきり言って、下半身痩せマッサージは無意味な行為です。

足を細くするには、足の脂肪を落とす必要があります。しかし、足の脂肪はマッサージで落ちることはありません。

体の脂肪を減らす唯一の方法が、カロリーを消費することだからです。

そして、カロリーを消費するには運動を行う(体を動かす)か、基礎代謝でカロリーを消費する(要するに食事制限で痩せること)しかありません。

しかし、他人に自分の体をマッサージしてもらっても、自分で体を動かすわけではないので消費カロリーはゼロです。だから脂肪は全く減りません。

もし脂肪が落ちるとすれば、それはマッサージをしている人、本人の体の脂肪の方です。

マッサージをするために体を動かしているので、カロリーを消費して脂肪が減るのは当然ですね。

また、下半身痩せマッサージをリンパマッサージ(むくみを取るためのマッサージ)として考えても、やる意味はありません。

なぜなら、リンパマッサージは思ったほどむくみが改善しないし、多少むくみが改善したとしても効果は2、3時間くらいしか持続しません。

寝る前にマッサージをしても効果は翌朝まで持続しないし、毎日マッサージしたからといって効果が日々蓄積するわけでもありません。

要するに、1年間リンパマッサージを続けたとしても、足は1mmさえも細くならない、ということです。

もちろん、エステの下半身痩せマッサージも効果はありません。

たとえプロっぽい人(エステティシャン)にマッサージしてもらったとしても、マッサージに下半身痩せの効果がないわけなので、下半身が痩せるわけがないのです。

下半身が痩せる筋トレはどれ?

基本的に、筋トレで下半身が痩せることはありません。だから、下半身が痩せる筋トレというのは基本的にないと考えておいてください。

なぜ下半身が痩せる筋トレがないのかというと、筋トレでは体脂肪が落ちないからです。

上に書いた通り、下半身を痩せるためには下半身の脂肪を減らす必要があります。また、体脂肪を減らす唯一の方法はカロリーを消費することです。

しかし、筋トレは有酸素運動と比べて消費カロリーが極端に少ないため、筋トレを続けても体脂肪がいっこうに減っていかないのです。

ただし、すでに下半身が痩せている人が筋トレで下半身を引き締める、というのはありです。例えば、すでに足が細い人が筋トレで足を引き締めるような場合です。

だから、筋トレは痩せるために行うのではなく、引き締めて下半身の形を整えるために行うのが正解ですね。

骨盤矯正で下半身は痩せない

下半身ダイエットといえば骨盤矯正を連想する人は多いはずです。なぜなら、エステでもダイエット器具でも、骨盤矯正で下半身痩せを行う商品が多いからです。

しかし、骨盤矯正で下半身は痩せません。だから、骨盤矯正を行う下半身痩せのダイエット器具は効果がないので、使う意味がありません。

もちろん、エステや整体の骨盤矯正でも下半身は痩せないです。

骨盤矯正で下半身が痩せない理由は何度も書いている通り、骨盤矯正を受けてもカロリーを消費しないからです。

痩せたい人が自ら体を動かさない限り、カロリー消費もないし体脂肪も減らないのです。

下半身痩せサプリって飲む意味ある?

誰もが一度は下半身痩せサプリが気になって、購入しようかどうか迷ったことがあると思います。しかし、下半身痩せサプリで本当に下半身が痩せるのでしょうか?

先に回答を言えば、下半身痩せサプリを飲んでも足は細くなりません。もちろん、お尻など他の部位も痩せません。

下半身痩せサプリはたくさんありますが、むくみ解消成分で(足など)下半身のむくみを解消させる、という点はほぼ共通しています。

まず、「むくみを解消させること=下半身痩せ」ではないと知る必要があります。

むくみとは体が水分を余分に抱え込んだせいで、体が太ったように見える現象です。むくみが原因で体が太ったように見えていたなら、むくみが改善すれば見た目も改善します。

しかし、足が太い原因の大部分(というより100%)はむくみのせいではなく、足に脂肪が付きすぎていることが原因です。

だから、むくみを解消できたとしても足は細くなりません。足を細くしたければ、むくみを解消させるよりも脂肪を減らすべきなのです。

その点、むくみの解消を目的とした下半身痩せサプリを飲んでも、何の意味もないのです。

下半身太りが女性に多い理由

女性の方が下半身太りになりやすく、さらに男性よりも下半身痩せが難しいです。なぜ女性の方が下半身が太りやすく、また痩せにくいのでしょうか。

その理由は、太るときの男性と女性の脂肪の付き方に違いがあるからです。

男性の場合は、摂取カロリー過剰で太る時には真っ先にお腹周辺に脂肪が付きます。内臓脂肪とお腹周りの皮下脂肪が付きやすいのです。

しかし女性の場合はまず、内臓脂肪よりも皮下脂肪が多く付きやすいという身体的な特徴があります。

皮下脂肪が付きやすいということは、男性ほどお腹ばかりが集中して太るわけではないのです。

その代り、お腹以外の場所にも脂肪が付きやすいため、下半身太りになりやすいのです。(男性ならお腹に付くはずの脂肪が、女性なら下半身に付くから。)

また、女性は年齢によっても脂肪の付き方に違いがあいます。

10代の時は全身にまんべんなく付いていた脂肪が、20代からは下腹部や太ももに脂肪が付きやすくなり、30代からは二の腕やウエストにも脂肪が付きやすくなる。

さらに、40代からはおなか周辺にも脂肪が付きやすくなる、といった感じです。

要するに、男性よりも女性の方が体質的に、下半身に脂肪が付きやすいのです。上半身は太っていないのに下半身太りだけが気になる、というのは女性の身体的特徴なのです。

唯一の下半身痩せ方法

下半身痩せを目指すなら、とにかく体脂肪を減らす必要があります。食事制限や運動で体脂肪を減らしていけば、自然と下半身の脂肪も減っていくのです。

上半身は痩せているけど下半身だけ太っている、という人の場合、体質的に下半身に脂肪が付きやすいわけです。(特に女性はそう。)

そういう人の場合は、とにかくダイエットをして体脂肪を減らしていけば、上半身よりも下半身の脂肪が優先的に減っていきます。

太った時に下半身に脂肪が付きやすい体質なら、逆にダイエットをした時には下半身から脂肪が減っていくからです。

体脂肪を減らす唯一の方法はカロリーコントロール(食事制限や運動)であり、ダイエットでカロリーコントロールにさえ成功できれば下半身も痩せていきます。

間違っても、「サプリでむくみを解消させて下半身痩せしよう」などと考えないことです。下半身太りの原因はむくみではなく、下半身に付いている脂肪だからです。